ツグミ工芸舎工作日記

ツグミ工芸舎のこれまでとこれから

木について

f:id:soikick:20190829165428j:plain

木材をいつも扱っていますので、木のことについてはよく考えます。たまたま、都内のギャラリーに種についての本があり、面白くてざっと読んでみました。植物は種を別の場所に移動させる手段は見事!です。

・風に乗って飛んでいく種
・川や海の流れに乗る種
・獣に引っ付いて移動する種
・鳥に食べてもらい、鳥ともに移動する種
・火事になったときだけ割れてこぼれる種
・転がって移動する種

蓮は沼に生えているので、蓮の種は水と同じ比重になっています。ゆっくりとした流れでも流されやすく、しかも根が張れるように浮かばない!

このようなさまざまな巧妙な方法を脳のない植物はどこで思い付くのでしょうか?植物達は大雨が降ること、強い風が吹くこと、鳥や獣が近くにいること、たまに山火事があること、さまざまなことを知っているからこそ、その方法を思い付いているのだと思います。頭がいい!頭じゃないけど。

工房の周りには桑の木がたくさん生えています。桑の実は地面にたくさん落ちますが、なぜか芽がでません。その桑の実を離れた場所に蒔くとすぐに芽がでます。どのように連絡を取り合っているのでしょうか?不思議です。

木はそのすべてを生き物たちに捧げているように感じることもあります。太陽の光を受け、涼しい木陰と酸素を作り出してくれます。鳥や獣、人に木の実を、虫達には樹液や葉っぱを。私たちは木々から建物や家具の材料、薪、お茶や薬、シロップとどれだけ感謝したらいいのかと思う程の施しです。落ち葉は微生物の住みかになり、栄養たっぷりの土ができます。ふかふかの大地は雨をたっぷり溜め込み、きれいな水を沢に落とします。

私たちの身近にある木々についてこんな風に受け止めることができたら、と思う動画をみつけました。
100年も200年も同じ場所にいるってことをちょっと想像してみてください。

あるがままって素晴らしいな〜〜 木、ありがとう! - YouTube

ソイフィルター

今日は作業しているとき、自分はひとつのフィルターなんだなって ぼんやりとつまんないことを考えながら作業していました。植物に光と雨を与えると野菜や果物ができあがります。ソイに木材と道具を与えると、箱や人形をつくります。同じものを与えられても、それぞれ違ったものが生まれてきます。同じ出来事に喜ぶ人も怒る人もいるように、その出方をを楽しんでいらっしゃるわけです。たぶん。

ってことで??

今日撮影した写真をいくつかアップしておきます。

f:id:soikick:20190821213417j:plain

波長良きかな

いつもスマートフォンで撮った写真を使っていますが、きちんとデジタルカメラで撮影した写真を使うようにしたいと思います。作品の持っている固有の調子がスマホの写真では伝わらないような気がして。

こちらお家型卓上筆箱です。屋根部分が蓋になっていてスライドして開閉できます。もう少し漆を重ねて完成としたいところです。

こちらはお盆ですが何度も削り直して、今また、裏面も削り直しているところでまだ完成しておりません!

 

 

イベント「井のいち」に参加したとき、青年が「なんかとてもあたたかいものを感じます。これください」と匙を一つ買ってくださいました。その何かあたたかいものを素材と共に眼の前に作り出したい。そんな強い欲があります。そんな訳で作品が持つその調子を正確に伝えるためにもきちんと撮影した写真を使いたいと思った次第です。これからはブログやインスタグラムの写真もなるべくデジカメのものを使いたいと思います。今回のこのブログ写真はすべてデジカメのものです。

 

人がいる風景

2019年8月 とても暑い日が続いています。クラフトマンの皆様はどの様にこの暑さしのいでおりますでしょうか?我が工房は広いのでエアコンはありません。今まで水風呂に入って体を冷やして作業して来ましたが、今年はもっと涼しい方法を見つけました!一人で作業されている方は可能だと思いますので試してみてください。その方法とはTシャツをぬらし、絞って着、扇風機にあたる。乾いたらまた、絞って着る。この繰り返しでかなり涼しく作業できます。

秩父で木工を生業としている大先輩からヨキの刃をいただきました。この道具で大雑把に形を取ることができます。錆びて欠けていたものを研ぎ、使ってねーから、といただきました!ありがとさまです。大切に使います。

https://www.instagram.com/p/B09oV1wBLt3/
ずいぶん前に作ったモノ 最近作ったモノ 古いモノ 新しいモノ 貰ったモノ 何故かここにあるモノ#モノ #ツグミ工芸舎

お盆のいいのができました。一旦出来上がったものをもう一度彫り直しました。よく見えませんが写真右下にあるものです。


最近こんな動画を見つけました。

youtu.be

ナレーションも音楽もありません。言葉を一言も発しません。一人のひとがキャンプをしている、それだけの動画です。330万回も再生されています!テントを張る、薪を用意する、火を起こし、お茶を沸かして飲む、肉を切り、焼いて食べる。風が吹く、雪が降る、暗くなる。

とても鮮明な画像とモノを扱うときに発生する音がハッキリと聞こえます。ヤカンの蓋をするとき、ヤカンの蓋をする音がします。当たり前なのに 何故か音が新鮮に聞こえます。寒いので雪が降ってきますが、何故かとても落ち着いた気持ちになります。言葉のない絵本なような、水族館の魚を見ているときのような気分になる動画です。

普段、生活の中で目にするモノ、聞こえる音をわざわざ高画質、高音質で録画してもう一度意識的に経験するような感じです。キャンプを疑似体験するだけではない、ちょっと不思議な感覚を味わいました。

ナイフやノコギリなどの道具の作り方の動画もありますのでものづくりする人も楽しめます。作り方の動画もすべて説明や音楽なしです!まだ見てない動画ありますので楽しみです。

天国?

自分がインスタグラムをいつから使い始めたのかな〜と思い、調べてみました。2016の12月から使っていました。ずっと手軽な作品の発表用に使ってきましたが、最近は#民芸とか#〇〇をフォローできる様になりましたので、その機能を利用して楽しんでいます。

 

#民芸をフォローしてみますと、一日に5〜10くらいの投稿があります。ぐっときた写真にいいねをして、すぐに思いついたアイデアを書き留める。これでかなりの数の作りたいもののアイデアがたまります。思い付くのは一瞬ですが、それを作品にするにはいくつか試作品も作ることになるし、やらなきゃいけない他の作業もあるので、どんどんアイデアばかりがたまってしまうことになりそうです。

オモチャの試作品#オモチャ #試作品 #磁石

 

上の動画はおもちゃの試作品の動画です。これはyoutubeにおもちゃばかりを集めた動画がいっぱいあります。そんな動画の中で紹介されていたおもちゃを自分でコピーしてみたものです。このままだとただのコピーですから、これに輪っかを3つにしてみるとか?横に2つ輪っかを並べてみるとか?真ん中に磁石を持ってきて輪っかを磁石を挟んで上下にしてみるとか?いくらでもアイデアは思い付きます。でもすべてのアイデアを試すことは無理ですので、あとはもう感に頼ることになります。思い付いたアイデアの中で一番面白い結果が出そうなものを選んで、時間ができたときにサクッと作る!そしてうまくいったとき、いい時代に生きているな〜とつくづく思います。#folkart で検索すれば、世界中のフォークアートが見れます。ネット上に見たいものがいっぱいあって、作り方の動画もいっぱいあって、いいものができたら、それをネット上で売ることもできる、いつの間にか、そんな時代になってしまっています。やりたいことをやっていきていくことが難しい時代が終わろうとしていますね。どんどん好きなことをやりましょう!起きている間中ずっとやりたいことだけをやれる人。そんな人がいっぱいいる地球。そんな人が作り出した作品やサービスがあふれる世界。heaven?

 

とても楽しみです!

 

素朴な骨董と素僕

素朴な骨董の家具や木の小物の写真をネットで見ていると素に還る自分がいます。そしてそれを真似て作ってみたいと思っている自分がいます。そんなときの自分を「素僕」状態と呼ぶことにします!

本当にボロボロのほとんどゴミ!のような木のものもとてもいいな~って思ってしまうのはどうしてでしょうか?

特に装飾のないシンプルな形で技術的に幼稚な感じのものに見入ってしまいます。

大きな平ノミだけを使って作ると細かい部分はうまくいきません、平ノミで真平らな面を作ることもできません。それを利用するのが素僕のテクニックです。少ない道具だけで上手く作れないことを受け入れてしてしまう手法は試してみる価値有りです。結果を期待しない。工程を楽しむ作り方。気持ちの部分がまっすぐに整ってくると、技術的に幼稚な部分が魅力にかわりはじめます。それがまた、作品作りを続ける動機になるのでアリマス。