ツグミ工芸舎工作日記

ツグミ工芸舎のこれまでとこれから

4枚のカード

これまでにツグミ工芸舎のカードは4種類つくりました。

片面にツグミ工芸舎の説明、片面にはイメージや紙工作になっているものもあります。

 

写真は夏、木々が生い茂り、緑に包まれた作業場です。

ツグミ工芸舎の紹介文は妻が書いてくれました。

気に入ってます。

 

ツグミ工芸舎とは」

ツグミ工芸舎とは 都市を離れ、なんの縁もない

秩父山中にて、夫婦が家族を巻き込んで始めた工房です。

沢水を生活水とし、畑を耕し、木の小物をつくっています。

身近にある素材を利用し、その出会いと背景に思いを馳せ

ひとつひとつ手作業でつくっています。

 

屋号は 夏の間 夕暮れから明け方にかけて 神秘的な

声で鳴く鳥、トラツグミにあやかりました。

様々な鳥たちの声 季節を彩る草花 その空間を飛び交う

虫や蝶 ふとしたときの野ウサギやタヌキの気配

私たちを取り巻くそんな自然に感謝しつつ、共に育ち

一緒に旅してくれるような作品をつくっていけたらと

願っています。

 

「白い馬」のカードは組み立てるとこんな感じです。

上の左のカードは 知恵の板 で作れる蝶のイメージです。

上の右は一番新しいカードで最近作っている小物のイメージになっています。

カードはなくなり次第、新しいものをつくります。また、今度はどんなカードをつくろうかな?