ツグミ工芸舎工作日記

ツグミ工芸舎のこれまでとこれから

吊り棚の作り方

今日は壁に掛けて使う吊り棚の作り方を紹介いたします。

https://www.instagram.com/p/BuBimdchm3Q/

【完成写真】物を置く部分とカギ等を引っ掛ける棒をつけた吊り棚です。

今回は廃材の杉の板を利用いたしました。15mm厚、10cm程の幅の板です。

まずは、長い板1枚と短い板2枚に切りわけます。

 板の厚みより少し厚めに線を引き、両側から15mmの幅で線を引きます。

短い方の板は凹、長い方の板は凸の形に切ります。

糸鋸をお持ちの方はノミのかわりに凹凸加工できます。

板の下に付ける棒は15mm幅の角棒を切り出し、カンナで丸棒にします。

短い板の方に吊る紐を付ける穴と棒を取り付ける10mmの穴を開け、一度組み立ててみます。

一度ばらし、切った部分や裏面のきれいな部分(新材のように見える部分)に薄墨を塗り、乾いたら、全体にヤスリがけをします。

組み立てたら、オイルを布に染み込ませて全体を磨いて出来上がりです。

 

棒をなくし、板の枚数を増やして用途の違う吊り棚を作ってみるのもいいと思います。

アレンジしてやってみてください。

今回使ったソーガイドとオイルです。

こちらのソーガイドひとつあるととても便利です。45度にも切れます。

 

ちなみにこちらの商品は黄色い鳥器店で販売しています。

||| 黄色い鳥器店 ::: 器と雑貨のお店 |||(東京都 国立市北)

楠の木のてるてる坊主や前のブログで書いた「ふしメガネ」も納品しましたのでよかったらお立ち寄りください。

blog.soikick.com