ツグミ工芸舎工作日記

ツグミ工芸舎のこれまでとこれから

奇跡のような普段の一日

 

https://www.instagram.com/p/BxGyFcuh9Rq/

GW中に生まれたモノ#ツグミ工芸舎

 

気にいったモノを作りたい。できあがって、それを手にもってニコニコしていられる、そんな作品を作りたい。そのためのちょっとしたコツがあります。それは、、、。

 

・慌てないこと

 

当たり前ですね。忙しい、時間がない、だから慌てて作ってしまうと まず、うまくいきません。慌てないでじっくりと できるところまででいいから、ひとつひとつの作業を楽しみます。楽しめれば、結果的にあまりうまくいかなかったとしても、急いで作ったときより、多く何かを学んでいるはずです。

 

・同じものをいくつも作ってみること

 

同じモノをいくつも作っていくと、自分の気持ちが落ち着く形が見えてきます。

ひとつできあがったら、しばらく眺めているとなんだか引っかかる部分、気になる部分があります。次回、同じモノを作るときその気になる部分をちょっと変えて作ってみます。そしてまたしばらく眺めてみます。その繰り返しです。終わりはありませんが、ある程度繰り返すと、あ~、そうそう、こういう感じにしたかったんだよね〜ていうのがでてきますから、でてきたら、素直に喜びます。そうすると喜んだ気持ちが作品の中に溜まって留まります。

 

・他の人の作品と比較しないこと

 

世の中にはすごい人がいっぱいいます。尊敬する彼ら、彼女らの作品と比較して自分の作品、だめだな〜と思ってしまうと、作る意欲も、新しいアイデアも出てこなくなってしまい、作業が辛い時間になってしまいます。自分の今持っている知識と技術だけでも作業を楽しむことができる。そう思えれば、続けることができます。少しづつ自分にしか作れないものがあらわれてくると思います。終わりのない繰り返しです。

 

もっと豊かになりたいのに、なぜ豊かになれないのか...?? - YouTube

 

昨日、こんな動画を見つけました。この動画の中でお金持ちの人が尋ねます。一生働かなくてもいいような大金で君の腕を売ってくれって。ほとんどの人が嫌だと思うと思いました。自分も嫌です。なぜなら、作品を作ることができなくなってしまう、料理ができなくなってしまう!! つまり、自分にとって作品を作ることはお金には変えられないことなんだな〜っと。お金を稼ぐために作品を作っているけど、お金がたくさんあっても、なくても作りたいものが作れないことは耐えられません。腕があること。当たり前のことに喜べる動画です。材料があること。材料を育てた環境があること。道具があること。道具を作っている人がいること。作品を売ってくれるお店があること。作品を買ってくれるお客さんがいること。新しいアイデアを思いつく脳みそがあること。ほとんどすべてが奇跡のようです。

 

そんなことを感じながら今日も仕事ができました。とてもマインドフルな1日でした。