ツグミ工芸舎工作日記

ツグミ工芸舎のこれまでとこれから

木工作業を心のトレーニングに〜1

前回ホーミーのことを書きました。

blog.soikick.com

ホーミーは半年ほどで少しできるようになり、できるようになると面白いのでついつい毎日練習してしまいます。しかしながら、もう1年以上練習しているのになんの上達も感じられないものがあります。

 

それは瞑想です。

 

これは本を読んでやってもこれでいいのか?どうか!?5年〜10年はやらないとと思っていますが、なんの変化も表れないと、続けること自体が困難です。

 

そこで最近何度も読んでいる本がありますので紹介したいと思います。

「今、ここを生きる」ヨンゲイ・ミンゲール・リンポチェ 

 

この本の中には フム! と思う言葉がたくさんあります。

フム!思う言葉に出会うとじゃもう一度練習してみるか!という気分になります。

小説と違ってお話ではなく、最初から最後まで心の取扱説明書のような本です。

目に見えない心の観察の方法が書いてあります。

 

このページにはその フム! と思ったところを箇条書きにしてみますので、

瞑想で行き詰まっている方は参考にしてもらえたらと思います。

 

 p20 1行目「仏教者としての訓練を受けていると、仏教を宗教とは考えなくなります。」

 

瞑想を始めるとこの言葉はよくわかります。ファーブルが虫を観察するように 自分の心を観察します。絵を描くときのようによくよく見ます。そのような練習や訓練の連続ですので、宗教というよりは画家や科学者のような気分になってきます。

 

p57 11行目 「眼は視覚そのものではなく、耳も聴覚そのものではないように、脳も心そのものではありません。」

 

心は目に見えないし、音もないので、目や耳で観察するわけにはいきません。心は心で直接観察することになりますが、今のところ、まったくコツがつかめません!

 

p59 8行目 「心の中で何が起こっているのかを、ただ見守ること、このこと自体が心の中で起こっていることを変えてしまうのです。」

 

これは普段の自分の思考や感覚を一歩下がって、見る習慣を持たないとできません。毎日の生活の中で、寒い! じゃなくて 寒いとわかっている自分がいる。 美味しい! じゃなくて 美味しいと感じている自分がいる とちょっと面倒な感じの生活をすることになります。海外で暮らし始めるような、新しい習慣や風習をみにつけるような感覚に近いかもしれません。

 

p62 最後行 「混乱は別の言い方をすれば、真の幸福への道に踏み出す最初の一歩なのです。」

 

今までの生活の中で思ったり、感じたりしたその思い方や感じ方を変えてしまうわけですから、混乱は避けられないってことになりますね!

 

p66 7行目 「本来の心を認識できないということは、望めば何でも作り出すことができる、心の無限の力の一例なのです。」

 

ここでは自分の心を認識できない能力があるなら、認識できる能力も心の能力に含まれているということのようです。

 

p70 「瞑想とは、本来の自分の心に親しむことです。」

 

普段自分の心がどこにあるのか?どこからどこまでが自分の心なのか?心ってそもそも何なのか?皆さん知らないまま生活しているってことですね。心には無限の能力があると書いてあっても、これは体験として理解しないとわからない、なので瞑想が必要になってくるってことです。

 

p72 13行目 「本性を認識しないかぎり、私たちは苦しみ続けるのです。本姓を知れば、私たちは苦しみから開放されます。いったんその本性を知ると、あなたは変わります。人生の質も変わります。 あなたが不可能と思っていたようなことが起こり始めるのです。」

 

心の本当の有り様を知らないまま生きていることは、羽があるのに空を飛ばないでいるようなことってことよりももっとびっくりするようなことだと思います。でも、心を理解するこ、それはとても難しいし、時間がかかるとも書いてあります!

 

p74 11行目 「ブッダは、幸福が長く続き、苦しみは避けたいと願うのは「心の本性」が存在する兆候にほかならないといいます。」

 

私たちのまだ知らない心の側面が本当にあるのか?疑問に思う人も多いかと思いますが、これがブッダの答えのひとつです。

 

p77 10行目 「いつ、どのようなときでも、心の中で何が起こっているのかを見守ることをすれば、それが瞑想です。」

 

 心のことがわかるまでに時間も練習も必要なことですので、同じことを何度も何度も言葉を変えて説明してくれてます。

 

 このブログはとても長くなってしまいそうなので、この辺でいったん区切り、木工作業を心のトレーニングに〜2につなげたいと思います。