ツグミ工芸舎工作日記

ツグミ工芸舎のこれまでとこれから

この積み木があれば、忘れ物をしない「忘れ物防止対策積み木」

自分も歳を自分が思っているより重ねているようで、よく忘れ物をするようになってしまいました。

ここ2週間のあいだに作業場に2回もスマホを置き忘れて帰って来てしまいました。

忘れたときに限ってまた、いろいろな連絡が来ていて、気づけなくて、面倒な状況をつくだしていきます。そのうちの1回はどうしてもスマホが必要となり、片道40分!往復1時間以上かけて取りに行きました。「不都合なことが起きたとき、そこにヒントが転がっている」とポジティブに考えてやっていかないとうんざりしてしまいますので、「忘れ物防止対策積み木」というものを考案してみました。

 

立方体に切り出したサイコロ状の積み木(1辺4cm)の各面に信号機のように、赤と青と黄色の丸を書き入れます。1面に青丸ひとつ、反対側の面に赤丸ひとつ、残りの4面に黄色の丸を書きます。黄色い丸の上に忘れたくないもの、青い丸の上には「いってらっしゃい!」、赤い丸の上には「おつかれ!」と書いて玄関や車の運転席に置いておきます。

 

使い方は出かけるときに黄色い丸の上に書いてある「スマホ」とか「カギ」とか「サイフ」をすべて持っていたら青い丸「いってらっしゃい!」を上にし、出掛ける、という使いかたです。そして帰宅したときに、赤い丸の「おつかれ!」を上にしておきます。

 

自分は黄色い丸の上に「スマホ」「カギ」「サイフ」と書いてもう一つ思い付かなかったので、モノではなく、「JOY」と書いてみました。出掛けるときに心に「JOY」も忘れずに!出かけます。お孫さんがいらしゃる方はお孫さんに文字を書き入れてもらうと

出掛けるとき、ちょっといいかもです。玄関にひとつ、作業場にもう一つ置いておけばかなり忘れ物を防げると思います。

 

紙でも簡単に作れるモノですので、忘れ物でお困りの方がいらっしゃいましたら、お試しくださいませ〜。