ツグミ工芸舎工作日記

ツグミ工芸舎のこれまでとこれから

緑の増減

最近匙の形について手と頭と口と時間を使ってもう一度「カタチ考」して楽しんでいます。日本人の食生活の中で匙を使うようになったのはいつ頃からでしょうか?器を手に持って口をつけて食べるスタイルでは匙の必要性は少なかったと思います。器を持たないで食べようとすれば犬のような食べ方になっていしまいます。西洋では長く匙を使ってきた歴史があり、カタチの面白いものがたくさんあります。そんな面白い匙の形を参考にいくつか作ってみました。

f:id:soikick:20190906104852j:plain
f:id:soikick:20190906104913j:plain


ところで、話はかわりますが、アマゾンの火事についていろいろと思うことがありましたので、少し記録しておきます。アマゾンは地球の20%の酸素の供給源だとか、家畜に食べさせる豆畑を作るために火を放ったのが燃え移ったとか。有名人がこれに対する政策に寄付したとか。いろいろな報道を読んでみました。

一方で、緑がものすごい勢いで繁殖している地域があるという記事もありました。

こちら
https://indeep.jp/carbon-dioxide-fertilization-greening-earth/

インドと中国、どちらも人口が大変多い国で人々が毎日活動し、大量の二酸化炭素がそこで発生していることは容易に想像できます。この緑が減っていく地域と増えていく地域が同時に変化している様子を頭の中でイメージしてみると、水が決まって低い方へ流れるように、緑が二酸化炭素の多い方へ移っていくようなイメージを持ちました。また、動物の種類が地球からどんどん減っているという報告もありますが、こちらも同じようにイメージしてみると、地球上全体の酸素の量に対して動物種の割合は変わっていないんじゃないかな?とも思いしました。つまり、人が増えている分他の動物が少なくなっていると。人口が減ればまた、他の動物が増えてくる。熱が次第に伝わり均等となるように、湿度も次第に伝わり均等となるように、自然とバランスがとれるようになっている。そんな風に感じました。

世界中でさまざまなことが起こり、インターネットですぐにその情報が入ってくる時代に受け取り方次第で、心配したり、安心したり、って、ちょっともう違うかなって感じです。うまく言いたいことを書き表せませんが、大きな視点から見ると、起きることがただ起きているって感じでしょうか?いいも悪いもないんだよな~っ感じです。