ツグミ工芸舎工作日記

ツグミ工芸舎のこれまでとこれから

他力本願!?

 

いつも同じようなことばかり書いています。今回もまた、同じようなことを書きます。興味のある人はお付き合いください。

 

古い木材で車をつくりました。おもちゃですので、もちろん本当に乗ることはできません!でも、子供のようにその車に乗っているつもりで机の上や膝の上を走らせることはできます。

裏はこんな感じ、タイヤが回るようになっています。

 

素材になるべく手を加えないでつくることは思いの外難しいことです。一度削ったところをもとに戻すことはできません。なるべく手を加えない作り方はその素材が今の状態であることをそのまま受け入れる作り方です。素材そのものの風化、虫食い、汚れ、割れ、釘の穴をそのまま利用しようという姿勢です。割って作る方法も割ったときにできる木目をそのまま利用するやり方で同じような素材の利用のしかただと思います。この方法は他力本願といいますか?、自分は後ろに回っちゃって、なるべくいない振りをする練習です。以前「かくれんぼ」ということばの積み木を書きました。

 

【かくれんぼ】

毎日かくれんぼの

練習をしています

ちいさな作品の中に

こっそりとほんの少し

自分の痕跡をのこしてかくれる

 

すぐに見つかってしまう

ことを期待して、

ドキドキしながらかくれている

こどものように

 

これがうまくできるようになること、それがモノ作りの状態としてのひとつのゴールだと思います。とりあえず、そこに向かっています。